理想の結婚に欠かせない事柄とは

南国を好む人に人気

高価で限られた人の物

ハワイで生まれたハワイアンジュエリーは、大変人気があります。 専門店の数も増え、今では日本にいながらにして購入する事も出来ます。 もともとハワイアンジュエリーは王族や富裕層のみ手にする事が出来るものでした。 限られた職人が手作りする非常に高価な物だったためです。 しかし、ハワイアンジュエリーの人気によって、職人は増加し製作技術の広まりとともに価格も下がっていったのです。 ハワイアンジュエリーの価格を決めている要素は大きく分けて二つです。 一つは職人の技術料。当たり前ですが人気のあるブランドの有名技術者の手彫りであれば、価格に影響を与えます。 二つ目はハワイアンジュエリーに用いる素材です。ゴールドかプラチナか、また純度によっても価格に差が出てきます。

ハワイアンジュエリーと呼ばれるまで

ハワイアンジュエリーの歴史は古く19世紀まで遡ります。 ヴィクトリア王朝の女王ヴィクトリアは夫亡き後、喪服で過ごしたそうです。 そして喪服用にジュエリーを作らせ、それがヴィクトリアンジュエリーと呼ばれました。 ハワイ王朝の女王であったリリウオカラニは、そのヴィクトリアンジュエリーに大変魅了され、王子との想い出としてハワイ語で「永遠の想い出」と刻印したブレスレットを作りました。 その後も、周囲の大切な人達にブレスレットに、想いのある言葉をハワイ語で刻んでプレゼントするようになりました。 これがハワイアンジュエリーと呼ばれるようになったのです。 現在も大切な人への贈り物と言う伝統は続いています。 何世代にも渡り受け継がれていくのです。